関西選抜のFWによるデンソーチャレンジカップ大会後のコメントです。

Q1.関西選抜を経験して、自分にとって一番収穫だったこと、手ごたえに感じたことはなんですか?
Q2.関西選抜を経験して、自分の課題と感じたのはどういう点ですか?
Q3.リーグ戦へ向けての抱負をお願いします!
林大地-林 大地(大阪体育大学/3年)
A1.うまい人ばっかりやったから、動き出したらたくさんパスが出てきて、ゴールを決めれたので良かった。
A2.短期間でどれだけ自分のプレーを味方に理解させるか。
A3.関西学生リーグ2連覇



青山景昌-青山景昌(びわこ成蹊スポーツ大学/3年)
A1.少ない出場時間ではありましたが、自分のポジショニングは自信を持っていいポイントなのだなと認識することができました。
A2.まず自分のコンディショニングをしっかり整えて、闘う準備をしっかりできるようにしたい。
A3.リーグでは自分の特徴である、得点に絡むプレーを見せたいです。 ゴール、アシストでチームの勝利、優勝に貢献できたらいいなと思います。

井上直輝-井上直輝(びわこ成蹊スポーツ大学/3年)
A1.全日本学生選抜という大学生のトップクラスの選手と対戦できたこと。トップレベルのチームメイトと試合できたこと。
A2.課題は一本決めきる力。初戦で決めていれば様々な結果が変わってきていたと感じる。
A3.リーグ優勝、得点王は頂きます!


延祐太-延 祐太(立命館大学/2年)
A1.背後への抜け出し。
A2.簡単に倒れないこと。前を向く質。
A3.得点王目指して頑張る。





毎熊晟矢-毎熊晟矢(桃山学院大学/3年)
A1.レベルが高い試合をみることができたこと。
A2.思ったようなプレーができない時に修正する力。
A3.去年より良い結果を残したい。