関西選抜のMFによるデンソーチャレンジカップ大会後のコメントです。

Q1.関西選抜を経験して、自分にとって一番収穫だったこと、手ごたえに感じたことはなんですか?
Q2.関西選抜を経験して、自分の課題と感じたのはどういう点ですか?
Q3.リーグ戦へ向けての抱負をお願いします!
川畑隼人-川畑隼人(近畿大学/3年)
A1.試合運びの大事さ、頭を使う。
A2.切り替え、デュエル。
A3.優勝争い。





山本悠樹-山本悠樹(関西学院大学/3年)
A1.大学トップレベルを感じれたこと。その中で自分の良さが出せたこと。
A2.ボール奪取。スプリント数・質
A3.優勝。10ゴール10アシスト。MVP。




牧野寛太-牧野寛太(関西大学/3年)
A1.ライバルとして戦っていた仲間と一緒のチームでやることができ、学ぶところや盗めるところはたくさんがあり、とても良い経験になった。
A2.周りがうまい選手になると、その選手達に合わせるようなプレーになってしまい、自分のの良さが出せなかった。自分の良さを出すには自信を持ってプレーするべきだと感じた。
A3.「全員サッカーで日本一」という目標に向かう中で、リーグ優勝は必ずとらなければならない。関大らしく泥臭く、ひたむきに全員で優勝目指して頑張ります。

丸岡悟-丸岡 悟(近畿大学/3年)
A1.普段しないポジションをして、幅が広がった。
A2.アシストや得点に関われなかったこと。
A3.二桁アシスト二桁ゴールをする。





今吉晃平-今吉晃平(桃山学院大学/3年)
A1.DENSOでは、初戦で全日本と試合をし、自分の特徴が出せた部分とまだまだ足りないところが明確になって今後の課題が見つかったのでそこは収穫だった。また、関西選抜では、キャプテンをさせてもらい、いい経験をさせてもらった。
A2.ファーストタッチの質やキック精度。
A3.選抜で学んだことや、経験したことをチームに還元し、リーグでは優勝目指して頑張りたいです。

岩本和希-岩本和希(関西学院大学/3年)
A1.全日本大学選抜と対戦できたこと。
A2.スピード感。
A3.関西選抜の活動を活かして頑張ります。





江口稜馬-江口稜馬(阪南大学/1年)
A1.もっとレベルアップしなくちゃいけないと思わしてくれたことが収穫。
A2.全てにおいてのプレーの質が課題。
A3.リーグ戦ではこのデンソーの悔しさ、経験を活かして、関西選抜のメンバーに負けないようにチームの結果として表したい。


藤井智也-藤井智也(立命館大学/2年)
A1.自分の長所が通用したため、自信となった。
A2.止める、蹴るなどの基本技術とプレースピード。
A3.個人としてもチームとしても結果にこだわる一年にする。