関西選抜のDFによるデンソーチャレンジカップ大会後のコメントです。

Q1.関西選抜を経験して、自分にとって一番収穫だったこと、手ごたえに感じたことはなんですか?
Q2.関西選抜を経験して、自分の課題と感じたのはどういう点ですか?
Q3.リーグ戦へ向けての抱負をお願いします!
真瀬拓海-真瀬拓海(阪南大学/2年)
A1.たくさん攻撃参加を繰り返して、チャンスメイク出来た。
A2.守備や攻撃時の細かいポジション修正、ボールを奪う守備。
A3.まだ入学してからリーグ制覇出来てないので、今年こそは優勝したいです。



吹ケ徳喜-吹ケ徳喜(阪南大学/3年)
A1.自分の改善しないといけないことがわかった。
A2.攻撃時の質。
A3.リーグ優勝する。





藤松航矢-藤松航矢(びわこ成蹊スポーツ大学/1年)
A1.自分の持ち味であるヘッドや当たりの強さが、全然通用すること。サッカーでは年齢が関係ないということ。関西リーグのレベルの高さを証明できたし、その中で活躍することでどんどん上に行けることです。
A2.相手が上手な人ばかりのなかで相手を理解をして、どうしたら上手くいくかを試合中に修正できなかったこと。
A3.去年は王者としての1年でしたが結果が付いてこなかったので、今年こそ圧倒して結果を残せるように頑張りたいです。

羽田健人-羽田健人(関西大学/3年)
A1.大学のトップの選手相手でも、自分の持ち味は通用するのを知ることができた。
A2.スピードの部分が課題だと感じた。
A3.日本一をとるために自分のできることを精一杯頑張ります。



川浪龍平-川浪龍平(近畿大学/3年)
A1.一対一で一度も抜かれなかったこと。関西選抜のみんなと仲良くなれたこと。
A2.空中戦。コンビを組んだ羽田を見習いたい。
A3.選抜では仲間だった、彼らを抑え仕事をさせない。特にFW陣とはバチバチ戦って勝ちたい。チームとしては、全国大会に出場する。


小松拓幹-小松拓幹(立命館大学/3年)
A1.みんなの試合へのモチベーションのもっていきかたが勉強となった。
A2.もっと自分の長所を伸ばして、だれにも負けないものにしないといけないと感じた。
A3.優勝できるように頑張ります!