関西選抜のMFによるデンソーチャレンジカップ大会後のコメントです。

Q1.関西選抜を経験して、自分にとって一番収穫だったこと、手ごたえに感じたことはなんですか?
Q2.関西選抜を経験して、自分の課題と感じたのはどういう点ですか?
Q3.リーグ戦へ向けての抱負をお願いします!
末吉塁-末吉 塁(大阪体育大学/2年)
A1.自分の武器であるスピードをしっかり出せたこと。チーム一丸となって戦えたこと。
A2.対策されてもしっかり突破できるようにしたい。
A3.阪南、関学撃破。




清水航輔-清水航輔(立命館大学/3年)
A1.サッカーの基本である球際、切り替え、運動量のレベルの高さを経験することができた。この経験を立命に還元したい。
A2.フィジカルの部分や切り替えなど。
A3.優勝目指してがんばります。



藤原奏哉-藤原奏哉(阪南大学/3年)
A1.短期間の中でチームとして一体感が一番必要だという事が収穫だった。
A2.速いプレッシャーの中で、いかに落ち着いてプレーできるかどうか。
A3.去年優勝できたので、今年も優勝を目指したい。



國分将-國分 将(近畿大学/3年)
A1.チームの雰囲気の重要さを学んだ。近大に還元したいと思う。
A2.技術や判断スピードが足りていないと感じた。
A3.インカレ出場。




田中駿汰-田中駿汰(大阪体育大学/1年)
A1.個人のスキルの高さを感じた。その中でボランチとして選手を理解してやれたのは、手ごたえに感じた。
A2.90分間プレーに関わり続けること。
A3.優勝。




山本悠樹-山本悠樹(関西学院大学/1年)
A1.自分の勝負できるプレーが通用すること。得点という形で結果を残せたこと。自分より上手いプレーヤーとの差を感じたこと。
A2.守備の能力。相手のプレスをかいくぐってプレーする技術。
A3.優勝。10ゴール10アシスト。