関西選抜のDFによるデンソーチャレンジカップ大会後のコメントです。

Q1.関西選抜を経験して、自分にとって一番収穫だったこと、手ごたえに感じたことはなんですか?
Q2.関西選抜を経験して、自分の課題と感じたのはどういう点ですか?
Q3.リーグ戦へ向けての抱負をお願いします!
吉村弦-吉村 弦(同志社大学/2年)
A1.体の強さとスピードは通用する。
A2.ペナルティエリアでの対応。
A3.1部昇格のために全力を尽くす。





菊池流帆-菊池流帆(大阪体育大学/2年)
A1.面白かった。雰囲気でサッカーは変わる。
A2.流れを変えれる選手になりきれなかった。
A3.優勝!!





岩崎尚将-岩崎尚将(桃山学院大学/3年)
A1.高いレベルで試合ができた。
A2.攻守にわたるハードワークとプレーの精度をあげる。
A3.学生リーグ優勝。





大野佑哉-大野佑哉(阪南大学/2年)
A1.試合に出れない悔しさを出た時に爆発させる準備。
A2.調子の波をなくす。
A3.優勝!10番のDFになる。






荒木隼人-荒木隼人(関西大学/2年)
A1.高いレベルでプレーできた。
A2.判断スピード。
A3.リーグ最少失点。





小川原一輝-小川原一輝(関西学院大学/3年)
A1.スタメンの選手だけではなく、ベンチも一緒にチームの雰囲気を作ることの大切さを改めて学ぶことができた。対人でのボール奪取は通用した。
A2.背後へのロングボールの対応。ルーズボール時のポジショニング。
A3.全勝で優勝する。


橋本侑紀-橋本侑紀(京都産業大学/2年)
A1.1人1人の試合に臨む姿勢だったり、一つのプレーに対するこだわり。
A2.一つ一つのプレーの精度を上げる。1vs1で負けない。
A3.藤原奏哉に負けない。




下川陽太-下川陽太(大阪商業大学/3年)
A1.自分のプレーが通用すること。
A2.走力と攻めている時のリスク管理。90分を通して隙を作らない。
A3.大阪商業大の1部昇格。