関西選抜のMFによるデンソーチャレンジカップへの抱負です。
Q1.選抜でどのようなことを吸収したい、学びたいと思っていますか?
Q2.自分のどういうところを、選抜チームの中でアピールしたいですか?
Q3.選抜チームでの目標を教えてください(個人のことでもチームのことでもよい)。
末吉塁-末吉 塁(大阪体育大学/2年)
A1.技術面、ポジショニング、コミュニケーション。
A2.スピード、ドリブル突破、1対1の攻守の強さ。
A3.優勝。




清水航輔-清水航輔(立命館大学/3年)
A1.立命以外の選手とプレーすることで、自分自身のプレーの幅を広げたいと思っている。そのためにどういう考えをもっているのかなど、コミュニケーションやプレーの中で学びたい。
A2.目立つ様なプレーヤーではないので、チームの勝利の為に影でしっかりと支えたい。守備と縦パスをアピールしたい。
A3.チームでは優勝が目標で、個人では試合に出て活躍すること。

藤原奏哉-藤原奏哉(阪南大学/3年)
A1.レベルの高い選手とプレーする事で、自分にはない考えや技術を吸収したいと思っています。
A2.運動量と守備でのカバーリングをアピールしたい。
A3.個人としては、選抜だからと言って遠慮する事なくプレーしたいと思っています。


國分将-國分 将(近畿大学/3年)
A1.ハイレベルの選手が揃うので、そのハイレベルの中で自分がどれだけできるのかを知りたい。自分にはない特徴をもっている選手がいると思うので、それを吸収したいです。
A2.運動量と得点力。
A3.全試合で得点を決めて、優勝。

田中駿汰-田中駿汰(大阪体育大学/1年)
A1.選手それぞれの特徴をすぐに把握して、ボランチとしてみんなの良さを引き出す。
A2.決定的なラストパスを何本も出す。失敗しても良いから何本も出す。
A3.総合優勝。


山本悠樹-山本悠樹(関西学院大学/1年)
A1.自分と同じポジションの選手のプレーや工夫。関西トップクラスのプレースピード。
A2.視野の広さを生かしたプレー。ゴールに結びつくパスやシュート。
A3.優勝。全日本撃破。