2016年度 第94回関西学生サッカーリーグ 第16節・阪南大-桃山学院大の監督・選手コメントです。
-Voice 桃山学院大学・松本直也監督
 人の配置を変えたし、何をやるか主将の石黒を中心にミーティングして確認したのがこの2戦の結果につながったと思う。後期スタートの3連戦では、DFラインをコントロールできていなかった。石黒が最終ラインに入り、コーチングしてラインを押し上げることが機能してきた。攻撃でもいい形を作れたが、前を向けて仕掛けられた時に横を選択してしまい、勇気が足りなかった。積極性が出てくれば、もっといいサッカーが出来るようになると思う。

岡佳樹-Voice 桃山学院大学・岡 佳樹(FW)
 後期これまで点を取れておらず、みんなに迷惑をかけていたので、決められて良かったです。阪南のDFラインは、足元のボールを狙っているので、奪った後にウラのスペースを狙おうという意識が1点目につながりました。2点目は今まで取れてなかったという思いが爆発してガッツポーズもしてしまいました。
大院に負けたあと、自分たちのどういう部分が悪いのかを話しあえたことで、意識が統一出来た。前期の終わりころは、失点すると皆落ち込んで、さらに追加点を取られていた。今日は全員で声を掛け合い、前を向いて点を取りに行こうという気持ちを出してやれたことが上手くいったと思います。まだ、ボールを奪った後の精度が足りないので、そこは上げていきたいです。