2016年度 第94回関西学生サッカーリーグ 第12節・関西学院大-同志社大の監督・選手コメントです。
-Voice 関西学院大学・成山一郎監督
 前半良かった分、後半は物足りなかった。後期こそはとチーム作りを進めてきた勢いを前半は出せたが、後半は自分たちのミスから相手にチャンスを作られ、流れを持たせてしまった。失敗続きでリズムが作れず、それが最後まで続いた。どっちつかずのゲームを交代選手をいれて攻撃的に行こうとしたが、かみ合わずに交代のタイミング、人選の難しさも改めて考えさせられた。
 学生は優勝を掲げてリーグに臨んでいる。試合に勝ったから良しとするのか、それともこだわってシーズンを進めていくのか。優勝するチームというのはそのこだわりを持ってやっているし、勝ちきることができ、抜かずにやれる。そう考えると、今の状態ではまだ目標には届くチームではないということだと思う。

米原祐-Voice 関西学院大学・米原 祐(DF・主将)
 前半は勢いもあり3点取れたが、後半は追加点が取れずにチームの雰囲気も悪くなり、軽いミスも増えていた。そういうミスでムードが悪くなると失点してしまうというパターンがそのまま出てしまった。しっかりボールを持つ時間帯を作って、自分たちの流れに持っていきたかった。運動量が落ちて、相手の方が守備をがんばったところで奪われてカウンターを喰らっていた。やり切る場面が後半は少なかった。
 もう一度引き締めて、試合で100%を出せなければ前期と変わっていない。悔しさを味わって、夏に取り組んできたことを出さなければ意味がない。1試合を通して闘えるチームになるためにもっと緩さをなくして勝ちに対するこだわりを出していく。