2016年度 第94回関西学生サッカーリーグ 第5節・関西学院大-びわこ成蹊スポーツ大の監督・選手コメントです。
-Voice 関西学院大学・成山一郎監督
 連勝しているいい雰囲気で前半は入れたが、2点めをいい時間に取らないといけなかった。後半は相手が前に出てきたときに、戦い方をうまく変えられなかった。びわこのサイドバックが当たりに来ていたので、その裏を取ろうと魚里を入れたが、後手後手になってしまった。追いつかれ、逆転されるということから学ばないといけない。このような状態でどのように振る舞いプレーするのか、僕自身もどう采配するのかを考えるきっかけになった。今日の試合でしか学べないことがたくさんあったので、それを整理してしっかりと次の試合に生かしていきます。

岡山宗星-Voice 関西学院大学・岡山宗星(DF)
 前半は切り替えも速く点も取れたが、後半びわこが蹴ってきたのに対して飲み込まれて、セカンドを拾われひっくり返しても精度が低くてうまくいかなかった。つなげるところはきちんとつないで、自分たちのやろうとするサッカーをやらないといけなかった。最初の失点はボールの取られ方も悪く、相手の勢いを殺せなかった。ボランチで奪われて一発で裏を取られているので、そういった場面であっても後ろで守りきらなくてはいけない。後ろの選手が声をかけて、失点を減らしていかなくては。ここまで連勝してきて、どこかに気持ちの余裕もあったのが表に出てこうなってしまったところもあると思う。去年のように絶対的な選手はいないので、一人一人がもっと試合に対しての気持ちを出していかないとということを改めて思い知らされた試合になりました。

-Voice びわこ成蹊スポーツ大学・望月 聡監督
 開始早々に失点しているので、ハーフタイムにうちはよい守備をやってこそ、よいプレーができると言うことを話した。後半はやることがはっきりしたので良くなったのだと思います。自分たちがやろうとしたことに対して、関学が上手くはまってくれたのでチャンスも作れて乗れたかな。見習うところは多い試合だったが、自分たちの持てる力を出せたかなと思う。清川はスタメンで出場する力はあるが、途中出場で役割をハッキリとさせてあげた方が、結果につながりやすいのでこの2試合は途中からの起用になっている。もっと賢いプレーができるようになれば、さらに怖い選手になれると思う。