2011年度 第89回関西学生サッカーリーグ 第15節・阪南大-大阪産業大のスタッフ・選手コメントです。
-Voice 阪南大学・朴 成基コーチ
 前半、入りが甘かった。立ち上がりのミスで、相手にCKを立て続けに与えて、なかなか自分らのペースに出来ず、リズムを作れず持って自分たちのテンポを作るというのがやれなかった。相手のバイタルエリアを突こうと言っていたが、後半は怯えてそこにボールを入れられなかった。今年は1、2失点することは覚悟の上だが、追いついた場面で畳み掛けるような力を出せていない。そうしなければいけないところで、逆に失点してしまっている。ジャッジで不運なところもあったが、引きずらずに気持ちを入れ替えてやっていくしかない。

-Voice 大阪産業大学・全 信俊コーチ
 阪南に勝ったのは、僕が1回生のとき以来。今週は、課題を修正するというよりも90分やりきるというメンタル的な部分を良くしようとやってきた。10分の9が良くても、10分の1が悪ければやられてしまう。そこをプラスしたら勝てる。1点取っても追加点を、同点にされても勝ち越し点を取りに行く姿勢を見せようと意識した。ずるずる行きかけたところもあったが、持ち直した。相手DFラインの擦り抜けは狙っていた。前半は上手くいかなかったが、後半は風下も利用して競り合いも良くなり、起点が作れるようになった。昨日、獨協が引き分けたことで選手たちも危機感があった、この先も強い相手が続くが、勝つ要素はある。一つ一つ大事に戦って、8連勝を目指したい。

藤本智也&川西誠-Voice 大阪産業大学・川西 誠(FW)
 1点めのアシストはイメージどおり。中にヒロ(寺東宏典)さんが必ずいてるから、タイミングを合わせて上げるだけだった。先週の関大戦では失点してから下を向いてしまって、ムードでやられてしまった。今日は同点になっても切らさず最後までやろうとコーチも言っていたとおり、気持ちの部分でしっかりやれた。自分が結果を出せば、チームも勝利に結びつく。自分のプレーというより、チームのためにするべきプレーをしたから、得点にも結びついたと思います。
(写真は左が藤本智也、右が川西誠)