大学サッカーメルマガVol.35を配信しました。
明治大レポート第二回として、宮阪政樹・高木駿・丸山祐市の3選手鼎談を掲載しています。

以下、Vol.35より一部抜粋を転載します。

★この記事の全文は『キャンパス経由ブラジル行き』に収録されています。


明治大レポート
鼎談:宮阪政樹・高木駿・丸山祐市

――まずは、今年の明治大の特徴から教えてください。昨年の中心選手が抜けて、今年はどんなサッカーを展開するのでしょうか?

宮阪 今のところ、去年よりは攻撃的なサッカーをやっているというイメージはあります。去年はしっかり守った中で1点、2点を取るサッカーだったけど、今年は点を取ることに貪欲というか。そういう意味では、去年のサッカーとちょっと変わったと思いますね。ただ攻撃的なサッカーをやりながらも、どれだけ守れるかっていうところが、明治大らしさにつながるんじゃないかな、と。

高木 うん。去年はけっこう耐える時間が多かった。守備が安定していたから、どうしても守備優先というか……。守備をしていれば勝てるという感じだった。でも今年は攻撃陣のメンバーが大きく変わって、守っているだけじゃ勝てない。積極的にボールを回すとか、自分たちからアクションを起こして優位にゲームを進めてここうってことになってる。だから今年の明治大は、割りと攻撃的なシフトになるとは思う。守備の人間としては、どうしても(ボールを)取られる回数が多くなるだろうから、そのへんの切り替えが大変なことは確か。でも試合の運び方は変わっても、守備でやることは一緒だから……。うしろからもしっかりポゼッションして、攻撃の起点にならないと。そう考えると、去年より内容が濃いというか。成功すれば、充実感のあるサッカーになると思うので楽しみ。

丸山 僕は正直なところ、就職活動が忙しくてあんまりよくわからないんですけど……(笑)。

宮阪 今日の試合(FC東京との練習試合)も久しぶりだったもんね(笑)。

丸山 でもふたりが攻撃的って言ってるので……(笑)。自分は守備の選手だから、まずは(相手に)やられないことが大切。攻撃的になったのなら、リスク管理だけはしっかりやらないといけないと思う。自分自身のモチベーションは去年と変わらないし、ずっとゼロに抑えるってことを意識しながらやっているのは同じ。ただ、攻撃の面でもチャンスがあれば点を取りにいきたいとは思う。それと去年卒業した4年生たち、特に攻撃陣はすごい人ばかりだったので、去年より弱くなったって言われるのだけは絶対にイヤですね。

宮阪 うん、それはイヤだね。

丸山 去年のチームは“個”が強かったけど、今年のチームはひとりひとりの持っているものが去年に比べたら小さい。だからこそ、ひとつにまとまって戦っていこうとは思いますね。

――丸山選手が言ったように攻撃陣は昨年からメンバーが大きく変わる可能性がありますが、攻撃の形はどういったイメージになりそうですか?

宮阪 去年は前線の久保(裕一・現千葉)さんと山本(紘之)さんのところでボールが収まっていたけど、今年はまだそこまで収まりきれていない。だから前線にボールが入ったときに、いかに後ろがサポートできるか。そのうえで、FWをどれだけ追い抜いて攻撃に絡めるかが勝負になると思う。そういう意味では去年より走力が必要というか。もっともっと走らないと攻撃ができないと思う。現に今日の試合なんかは……まあ、完敗だよね。

丸山 うん。

(以下、メルマガにて掲載)

大学サッカーメールマガジンでは、雑誌やネットメディアではなかなか掲載されない大学サッカー情報をお届けします。
 お申込はこちらから。購読料は315円(税込・月額)です。College soccer Centralにも一部抜粋などを掲載しています。また、ご購読を検討されている方のために、既刊各号のなかから「試し読み」ができるものをご用意しました。こちらのページからどうぞ。