来期Jクラブへの加入が決まっている選手にスポットを当てる連載「此処にある未来へ」第1回は、来季J1川崎へ進む関西大学の田中雄大です。
★この記事の全文は『キャンパス経由ブラジル行き』に収録されています。





 「自分の左足のプレーを見てほしい」

 ずっとそう言い続けてきた大学界屈指のレフティー。来季からプロの世界に身を投じる田中雄大が、クラブを選ぶ際の指針にしたのは、やはり自らの左足だった。
 決して大柄ではないがフィジカルに強く運動量も豊富。左サイドから放たれる強烈なロングフィードが強力な武器になる一方、大胆かつ精緻なサイドチェンジも魅力のひとつだ。剛と柔を兼ね備えた左サイドバック、田中雄大の元には、早くから複数のJクラブから誘いがあるとの噂があった。関西で生まれ育ち、野洲高校を経て関西大でプレーする田中なら、やはり地元のクラブ優先か。そんな言葉も聞かれたが、結果的に選んだのは関東の強豪・川崎フロンターレ。

「正直、やっぱり地元がいいんじゃないか、と言ってくれる人もいた。自分としても、プロ入りしたあとも関西大に関われるのはいいかなと思ったけど……。自分の中で、ずっと関大に関われることが逆に甘えになるんじゃないかな、とも思った。それならプロになるのをきっかけに、新しい場所でひとりでがんばってみようかな、と」

(以下、メルマガにて掲載)

大学サッカーメールマガジンでは、雑誌やネットメディアではなかなか掲載されない大学サッカー情報をお届けします。
 お申込はこちらから。購読料は315円(税込・月額)です。College soccer Centralにも一部抜粋などを掲載しています。また、ご購読を検討されている方のために、既刊各号のなかから「試し読み」ができるものをご用意しました。こちらのページからどうぞ。